Konpeitou

ささえあい・ともに生きる☆金平糖 (2011年7月 活動開始)

「ふれあいサロンほっと」見学(9/14)続き

JR土気駅近くの医療ビル トケエムシービルの一角にあるコミュニティースペースで開催されている「ふれあいサロン ほっと」の見学に行きました。

主催は「市民活動団体 地域ケアパートナー ほっと」。

ほっとの代表・藤井さんは「まずは、私たちのメンバーが集って、楽しくほっとできる場」であることが一番大切と言います。そうした場作りをするなかで、次第に地域に溶け込み、気軽に立ち寄れる場になればいいですね。

さて、昨日の記事にも書きましたが、ほっとのサロンでは、ハンドケアやフットケア(有料)を受けることができます。

昨日は「足揉み純ちゃん(中国足心道療術師)」も体験。昨日の記事を見て「(私の感想)”安心・安全なケア”って、なんだか偉そう…」と恐縮しながら、追加の感想です。

「温まって、リラックスできます。ほんとに気持ちいい。 私の隣で揉んでもらってた方は、眠くなってました(^m^) ほっとのマッサージ。やりながら、必要なことは言ってきますが、不要なハナシ(世間話など、どーでもいい話)が皆無ってのが、私好みでした(^m^) 勝手に連想したのですが、 …ホスピタルの語源にある“おもてなし”とか、 …目の前の対象者を“尊重したい”という思いとか、 が、ああした姿勢になって、まごころを感じさせたのかな?と 思ったりしてます 」

ほんと、そうなんです。無駄な話はしない、上でも下でもない目線、ほどよい距離感。

フットケアをうけながら、アロマボランティアでついついおしゃべりしすぎの自分を反省・・です。

0コメント

  • 1000 / 1000