金平糖☆ささえあい、ともに生きる

金平糖は、千葉市・船橋市を中心に活動するボランティア団体です。 (2011年7月 活動開始)

今週の金平糖~ケアフード講習会と次年度の活動

2月14日(木) フラミンゴ隊さんとのミーティイング&ケアフードの調理実習試作

フラミンゴ隊さんとのミーティング

その昔・・・そう、10年ほど前、地域活動というものに興味を持った頃のこと。

「(それぞれの活動を)点から線へ、線から面へ」という言葉をよく耳にした。

地域や社会を、より良く、住みやすくしようとしている社会的な活動。

小さな団体も大きな団体も、それぞれが、みなすばらしい。

それが繋がり合えば、社会のうねりができ、何かが変わり始めるのでは、と希望をもって聞いた言葉。

でも、現実は、なかなか難しい。

実際、自分で活動を始めてみると、つながり合えそうで繋がれない。

つながったと思ったけれど、それを持続するのが難しい。

と、半ばあきらめかけていた。

でも、今年度は、活動当初つながりのあった団体や個人から連絡があったり、フラミンゴ隊さんと出会ったり・・・

「点から線へ、線から面へ」の予感💕

ケアフード講習会に向けて

午後からは、ケアフードメニューの試作。

これまた一昔前の話。親の介護でとろみ剤なるものを知った。ただ、当時のとろみ剤は、お茶などの味が変わるような気がしてあまり使わなかった。

ゼラチンや片栗粉などを駆使していた・・・といっても、家庭での介護期間は、そんなに長くなかったが💦

今回、いろいろ調べているうちに「ゲル化剤」なるものがあることを知った。

その方の嚥下機能の状態によっては、とろみよりもゲル状のほうが適していることがあるという・・・な~るほど・・・

というわけで、「ゲル化剤」を使ってのメニューを考えています。

3月9日の講習会では、言語聴覚士による嚥下の基本や、高齢者施設の栄養士さんによる(高齢者施設での)日々の食卓、看取りの食卓のお話、そして、調理実習と盛りだくさん。

聞いて、知って、作って、食べる・・・五感を使って嚥下について学び合う講座です。

参加者募集中!!

 お申込みは、下部フォームよりお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000