金平糖☆ささえあい、ともに生きる

金平糖は、千葉市・船橋市を中心に活動するボランティア団体です。 (2011年7月 活動開始)

3月30日 スターバックス店内にて

3月30日午後1時半~3時

千葉県がんセンタースターバックス店内にて、ケア帽子の紹介を行いました。

必要な方にはお持ち帰りいただきたい・・・と考えてのこの企画。

が、土曜日ということもあり、外来は、がら~ん💦

気を取り直して、タオル帽子やジャージ帽子、そして、布帽子、色とりどりに並べて✨

・・・通りがかったご家族連れに声をかけたところ

興味を示してくださいました。

あれこれ選んで、お気に入りの一つを見つけ「退院したら犬と散歩に・・・・」と、ぎゅっと帽子をかき抱かれた姿は、私達スタッフの心に残る光景になりました。

この日、ケア帽子をお渡しできたのは、お一人でしたが、改めて、数だけではない何か大切なことに気づかせてもらうことができました。


「誰かのために・・・」との思いでするのがボランティア・・・と聞くことがあります。

確かに、きっかけはそうなのかもしれませんが、続けるうちにそうではないと思うことがあるかもしれません。

また、ボランティアをしていると、いろいろ嬉しいことや感動することに出会うため、結局(ボランティアは)自分のためにしている(となる)ということも耳にしますが、それも、少し違うような気がしています。

じゃあ、なんで私がボランティアをしているのか、続けているのか。

私の場合、きっかけは、とても単純。

「タオル帽子」を作りたかったから🤣

続けているのは、素敵な仲間と出会ったから😘

そして、その場にいる人がなんとな~く温かな心になる・・・そんな雰囲気が好きだから・・・かな😊


この一年、いろいろな方と出会い、おしゃべりし、様々なことを感じることも多かったスターバックス店内でのケア帽子作りの会ですが、3月30日が最後になりました。

お忙しい営業時間にもかかわらず、店内の一画を貸していただき、いろいろご協力くださったスターバックス千葉県がんセンター店の皆さま、ありがとうございました。


0コメント

  • 1000 / 1000